個人信用情報の開示手続きの代行


  • 借入先の状況について、詳しく知りたい
  • 自分の信用情報に事故登録がないか確認したい
  • どうしたらクレジットカードやローンが組めるようになるのか知りたい

信用情報には、クレジットやキャッシング、その他のローンを利用した際の契約内容や返済状況(返済期日どおりに支払いしたか等の利用実績)、利用残高のほか、延滞発生の時期や最後に支払いした時期、破産など官報情報の内容などが登録されています。これらの情報は、信用情報機関に加盟している金融機関や信販会社、消費者金融会社などが、新たな顧客より融資の申し込みを受けた際に契約するかどうかの与信判断の材料としています。

 
現在、信用情報機関は次の3ヶ所の信用情報機関に集約されています。
 
 
 株式会社日本信用情報機構〔JICC〕
 
 株式会社シー・アイ・シー〔CIC〕
 
 全国銀行個人信用情報センター
 
 
借入状況や自分の信用情報について確認したい場合、JICC・CIC・全国銀行個人信用情報センターの3ヶ所へ信用情報を照会すればよいのです。自分では面倒くさいとか申請書類や開示手続きが煩わしいという方は、是非当事務所へご相談ください。
 
当事務所では、お客さまに代わり、信用情報の開示手続きを代行させていただきます。

全国対応・相談無料です。事前にお見積りをさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

信用情報の開示にかかる費用について

各信用情報機関の開示にかかる依頼報酬については下記のとおりです。詳しいお見積りについては、過去の氏名変更の有無や信用情報を開示する目的によって、どの信用情報機関へ開示する必要があるのかをご説明しますので、電話もしくはお問合せフォームやメールにてお問い合わせください。

 

当事務所報酬額(信用情報機関1ヶ所あたり) 3,500円(税込3,850円)+諸費用

 

信用情報機関の開示結果は、各項目の記載内容や記号の表示など慣れていない方にとっては、「何が記載されていて、今後どのような対策が必要なのか。」が分からないことが多々あるかと思います。

当事務所にご依頼いただいた場合、信用情報の開示結果についての無料相談に応じています。行政書士は行政書士法という法律において、厳格な守秘義務が課せられておりますので安心してご依頼ください。

 

下記リンク先の「信用情報開示代行センター」のホームページもご参照ください。

http://www.sky8.jp

 

ご不明な点は当事務所へお問い合わせください。

▲このページのトップに戻る