内容証明郵便の活用方法

内容証明郵便には多くの活用方法があり、すべてを説明することは難しいですが、下記に例を挙げさせていただきます。

代表的な活用方法としては、金銭を請求する場合です。金銭というと、貸付金や売掛金、家賃、飲食代、給料、残業代などさまざまな請求を行うケースで活用されます。そのほか、消滅時効援用通知を内容証明郵便を送付したり、契約関係のトラブルでも多く活用されています。例えば、クーリング・オフを通知したり、債務不履行や不法行為の損害賠償請求を行ったり、大事な内容を通知するために内容証明郵便を活用するケースもあります。

内容証明郵便は通知する相手方に対し、何らかの警告や要求を行うケースや謝罪するケースでも用いられます。

行政書士スカイ法務事務所では、開業当初から現在に至るまで、1万通以上の内容証明郵便を作成した実績があるため、どのようなケースでも効果的な内容証明郵便の活用方法を提案できると思います。

お問い合わせは無料ですので、お気軽にご連絡ください。

相手方が転居して現住所がわからないケース

何らかの請求をしたい相手方が転居してしまい、転居先がわからなくなり対応ができないといったご相談を受けることもあります。そのようなケースでは、行政書士なら内容証明郵便を送付する前に、相手方の住民票を調べることも可能です。

行政書士スカイ法務事務所では、専門の行政書士がご相談に応じますのでお気軽にお問い合わせください。

▲このページのトップに戻る