債権回収会社(サービサー)に債権譲渡されている契約でも時効援用手続きは可能

延滞している不良債権を大量に買い取り、債権回収を生業としている会社を債権回収会社(サービサー)と言います。債権回収会社(サービサー)は、系列の銀行や消費者金融会社、クレジット・信販会社、携帯電話会社等から安価にて延滞債権を買い取り、回収業務を行って利益を上げています。

債権回収会社(サービサー)から債権譲渡通知もしくは債権譲受通知が届いた場合は、落ち着いて対応する必要があります。債権譲渡された契約が、消滅時効期間の5年を経過しているケースも多くあるため、ご自身で判断に迷われる場合は、当事務所までご相談ください。

債権回収会社(サービサー)の請求を無視しているケースでは、訴訟や支払督促などの法的手続きを受けることもありますので、その点は注意が必要です。

行政書士スカイ法務事務所では、さまざまな債権回収会社(サービサー)の情報を把握していますので、どんなことでもご相談ください。

▲このページのトップに戻る