不動産の任意売却

● 離婚するが、持家を売却したい

● 持家の評価が下がり、オーバーローンの状態だが、売却できないか

● 現在、住宅ローンを延滞しているが、住宅を処分したい

● 持家を売却したい

● とにかく相談してみたい

● 不動産の売却価格から引越し費用を捻出したい

 

現在、不動産の売却を検討されているお客さまは、弊事務所へお問い合わせください。弊事務所では、不動産会社や各方面の専門家と連携し、お客さまにとって最適な提案をさせていただきます。

当事務所では、不動産の売却に関する諸問題について、無料でご相談に応じます。

不動産の任意売却のメリット

不動産の任意売却のメリットについて、ご説明させていただきます。

  • オーバーローンでも不動産の処分が可能
  • 不動産の仲介手数料の債権者負担が可能
  • 引越し費用を債権者が負担してもらえるケースが多い
  • 親族の協力を得ることで、今住んでいる住宅に引き続き住むことも可能

 

上記のように、不動産の任意売却では多くのメリットがあります。お問い合わせ・ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

競売と任意売却

住宅ローンの支払いに困ったとき、あなたならどうするでしょうか?

強制的に、しかも格安で売却される競売を選択しますか?

それとも自分の意思で売却することを決め、引越し費用などの資金が手元に残せる任意売却という方法を選択しますか?

どちらを選択されるかは、あなたの自由です。

それでは、競売と任意売却ではどちらが有利なのでしょうか。

まず、競売の一番のデメリットは売却価格が安いという面です。一般的に競売で落札される価格は、市場価格よりも2〜3割安いと言われています。逆に、任意売却では市場価格に近い金額で売却が可能です。

また、任意売却の方法で売却すると、引越し費用などの資金が手元に残せることがメリットとなります。売却価格が残債務の金額を下回ることが多いのですが、任意売却という方法をとれば引越し費用を債権者側が負担してくれることが多いのです。

次に、通常の不動産売却では、不動産会社に支払う仲介手数料が必要になります。例えば、3,000万の物件を売却するには約100万円の仲介手数料がかかります。その他にも抵当権抹消や司法書士に支払う手数料等も必要です。これらの費用を債権者側が負担することで、債務者側の負担をなくす方法が任意売却です。

忘れてはならないのが、任意売却の場合は競売での売却価格よりも高額で売却できる為、結果として残債務の圧縮が可能になります。更に言えば、残債務については信用化債務となる為、返済金額の軽減を含めた交渉がやりやすくなります。

 

▲このページのトップに戻る