財産管理委任契約とは

財産管理委任契約とは、委任者が受任者に対し、自己の財産の管理に関する事務の全部または一部についての代理権を付与する委任契約です。

現時点では、成年後見制度(法定後見の審判、任意後見契約の効力発生)を利用する段階に至っていない人のための民法上の委任契約で、任意代理契約とも言われています。

例えば、精神上の障害はないものの身体上の障害があるために、契約等の法律行為をすることに不安がある人が、任意後見契約を締結した後、その効力が発生するまで利用することができます。

制度の利用方法としては、財産管理委任契約+任意後見契約を同時に委任したり、財産管理委任契約だけを委任することも可能です。

委任者の財産額や受任する事務の内容により、お見積りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

成年後見に関するご相談は、行政書士スカイ法務事務所へ

当事務所では、高齢の方、障害をもつ方、身寄りのない方等が、お住まいの地域で安心して生活できるよう法律面からサポートさせていただきます。

 

〈成年後見制度に関するご相談〉

1.財産管理等委任契約、継続的見守り契約、死後事務委任契約、遺言書作成に関するご相談

2.成年後見人、財産管理人、遺言執行者への就任

3.任意後見契約前のご相談

4.任意後見契約公正証書の作成

5.継続的見守り契約の契約書作成

6.財産管理等委任契約の契約書作成

7.死後事務委任契約の契約書作成

8.各種遺言書作成のサポート

9.親族後見人の継続的サポート

 

出張相談にも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

▲このページのトップに戻る