金銭の貸し借りの際には公正証書や契約書を作成しよう

たとえ恋人や友人間において、金銭の貸し借りを行う場合でも、契約書や借用書を作成しておいた方が無難です。金銭の貸し借りがあったことを証明する証拠となりますし、後々の紛争を未然に防止することにもつながります。

当事務所では、金銭トラブルのご相談をよく受けますが、契約書や借用書があるケースと無いケースでは、解決に至るまでの時間や労力が違うことが多く、やはり金銭の貸し借りの際には契約書や借用書を作成することをおすすめします。相手の同意があれば、公正証書にしたいところですが、費用負担の問題もありますので、最低は契約書を締結することに留意してください。

また、金銭消費貸借契約書は必要な条項が備わっていませんと、債権保全が困難になる可能性もありますので、専門家へご相談されることをおすすめします。

▲このページのトップに戻る