個人信用情報と時効援用

現在、指定信用情報機関と呼ばれる個人信用情報の取扱いをしている信用情報機関は、次の三機関があります。

  • 株式会社日本信用情報機構[JICC]
  • 株式会社シー・アイ・シー[CIC]
  • 全国銀行個人信用情報センター

自分の信用情報を確認するには、上記の三機関に対し、個人信用情報の開示を請求することになります。ローンの審査が通らない、自分の信用情報を知りたい、自分の借入状況を把握したいという方は、個人信用情報の開示をご検討されることをおすすめします。 ローンを少しぐらい延滞したからといって、直ちに事故情報が登録されるわけではありません。一定期間の延滞が発生しないと、延滞情報は登録されることはありません。その他、債務整理や債権回収という情報が登録されている場合もあります。 事故情報が登録されてしまうと、その情報は他のローンの審査にも影響を及ぼす可能性があります。例えば、住宅ローンの審査に落ちたり、車のローンを組めなくなるという事態に発展してしまいます。 延滞している債務について、時効援用手続きを行うことにより、将来的に住宅ローンや車のローンを組むことも可能となります。 信用情報機関の開示書類について、見方がよくわからない、時効の援用が可能か知りたいという方は、当事務所にご相談ください。

▲このページのトップに戻る