消滅時効期間が経過した債権を請求する理由

債権者は、消滅時効期間が経過しても、債務者から時効援用の意思表示がなければ、いつまでも請求を継続します。これは、債務者が時効援用の権利を行使しなければ、時効援用の法的効果は発生しないと民法第145条で定められているためです。

債権者としては、消滅時効期間が経過している債権であっても、請求する権利を有しているうちは、債務者からの自発的な債務の返済や承認行為を期待して、請求をあきらめることはありません。現実としては、債務者は時効援用の権利を行使せず、道義的に借りたものは返すという思いから、あえて返済するケースもあります。こうして、一度でも返済してしまうと、時効は中断して、もはや時効の援用はできなくなります。

 

したがって、債務者としては消滅時効期間が経過した債務について請求を受けた場合には、時効援用又は債務の承認といった方針を検討することになります。

▲このページのトップに戻る