携帯電話料金の時効援用

現在では小学生でもスマートフォンを所持しており、それに伴って携帯電話料金を滞納しているケースも多くあるようです。携帯電話料金は、商法の適用を受けるため、5年間延滞が継続すると、消滅時効期間が完成し、時効援用手続きが可能となります。

各携帯電話会社の顧客の囲い込み戦略によって、携帯電話本体を分割払いで契約することも多く、その場合は割賦販売として指定信用情報機関[CIC]に契約情報が登録されます。もし、携帯電話料金を延滞するようなことがあれば、延滞情報が報告されることになり、他のローン審査や利用中のクレジットカードにも影響が及ぶ可能性があります。

新聞等に掲載されている記事を読まれた方もいるかと思いますが、学生の方が携帯電話を利用する場合、契約者が親御さんのケースでは、親御さん自身の個人信用情報に登録されますが、契約者が学生自身であるケースでは、学生自身の個人信用情報に登録されることになります。何らかの事情により携帯電話料金を滞納してしまい、学生が社会人になった時にローンやクレジットカードの申し込みをしても、審査が通らないケースが多く発生しているようです。

携帯電話料金の滞納問題でお困りの方は、行政書士スカイ法務事務所までご相談ください。

▲このページのトップに戻る