クーリング・オフとは

クーリング・オフ制度は、昭和47年に割賦販売法改正にて、導入されました。クーリング・オフ制度は、民法上の法定解除及び約定解除がなくても契約解除ができるという制度です。特定商取引法や宅地建物取引業法、保険業法、ゴルフ場等に係る会員権契約の適正化に関する法律、海外商品市場における先物取引の受託等に関する法律など、現在ではさまざまな商品、サービスがクーリング・オフの対象となっています。

クーリング・オフは、各法律で定められた期間に行う必要がありますので、注意が必要です。

 

 

 

▲このページのトップに戻る