「押し買い」もクーリング・オフ対象の取引

金の価格高騰を背景に、訪問業者が貴金属を強引に安く買い取る悪質商法「押し買い」の被害が高齢者を中心に急増し、改正特定商取引法により「押し買い」についてもクーリング・オフ制度の対象となりました。

事業者側は、法定事項を記載した書面の交付義務が法律で定められ、消費者側は書面公布日から8日以内は物品の引き渡しを拒むことができます。また、事業者側は迷惑を覚えさせるような方法で引き渡しをさせることなども禁止されています。

クーリング・オフ期間は、法定書面が交付されてから8日間となりますが、クーリング・オフ期間中に事業者が物品を第三者に引き渡してしまった場合、その情報が業者側から通知されます。

 

▲このページのトップに戻る