時効の中断(時効の更新)とは

さまざまな契約の消滅時効期間が進行していくのを止める目的で、債権者が権利を行使する場合があります。時効の進行がリセットする効果のことを「時効の中断(改正民法では「時効の更新」)」と言い、時効の中断(時効の更新)を生じさせる事由を「時効中断事由」と言います。旧民法にて定める時効中断事由としては、「請求」、「差押・仮差押・仮処分」、「承認」の三つがあります。

 

「請求」とは、債権者から債務者に対し、裁判上の請求をすることを言います。裁判上の請求をしても、債権者の都合で途中で取り下げたりした場合は、原則として時効中断の効果はありません。なお、債権者から債務者に対し、通常の催告行為をおこなうことを「催告」と言いますが、時効を中断させるためには催告した後、6ヶ月以内に「請求」をおこなう必要があります。

「差押・仮差押・仮処分」とは、債権者が債務者の財産に対し、差押えや仮差押え、仮処分の手続きをおこなうことを指します。

「承認」とは、債務者が債権者に対し、債務承認行為をおこなうことを言います。例えば、債務を返済したり、債務確認書等を締結したりする行為です。

時効が中断(更新)すると、消滅時効期間の進行はリセットして、最初から消滅時効期間が進行していくことになります。消滅時効期間がリセットされた場合でも、消滅時効期間が進行した結果、各法律にて定める消滅時効期間が経過すれば、時効援用手続きは可能です。

なお、時効の中断とは別に、一定の場合に時効の完成が猶予される「時効の停止(改正民法では「時効の完成猶予」)」という制度があります。

▲このページのトップに戻る