成年後見開始の申立ては誰が行うのか

成年後見制度の対象者のために申立人になれる人は、本人・配偶者・4親等内の親族のほか、市町村長(特別区の区長含む)が申立てを行う場合があります。

4親等内の親族とは、4親等内の血族・3親等内の姻族となります。血族とは血縁関係で結ばれた親族、姻族とは婚姻関係によって生じた親族のことを指します。

成年後見の申立ては、対象者本人の住所地を管轄する家庭裁判所になりますが、裁判所に申立てをするにあたり、親族関係図などの資料があったほうが説明しやすいケースもあります。

そこで、対象者と申立人の関係をわかりやすく図にした親族関係図を作成することで、申立てがスムーズに進み、家庭裁判所としても事務処理に係る時間を節約することにつながります。

当事務所では、親族関係図の作成のご相談をお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。全国対応しますので、遠方のお客さまからのご依頼も対応可能です。

▲このページのトップに戻る