滞納家賃や滞納賃料の時効援用

賃貸物件の入居の際に、連帯保証人を求められたり、家賃保証会社の保証を付けることが契約条件となっていることがあります。何らかの事情により家賃や賃料の支払いが出来なくなった場合、家賃保証会社が滞納賃料を立替払いしたうえで、家賃保証会社が入居者に対して賃料を請求します。

家賃や賃料などは消滅時効期間が5年と定められており、5年を経過しているケースでは時効援用手続きを検討することができます。

家賃保証会社以外では、弁護士に滞納賃料の請求業務を委託しているケースもありますので、過去の家賃や賃料の請求がきて対応方法に迷われるときは、行政書士スカイ法務事務所までご相談ください。

▲このページのトップに戻る